左肩痛から復活を期すソフトバンク・和田が今キャンプ3度目のブルペン入り。捕手が立った状態で60球を投げ込み「前回よりもちょっと力が入るようになった。今までは肩の善し悪しだったのがボールの善し悪しに変わったのはいいこと」と手応えを口にした。

 また、右肩の違和感で別メニュー調整中の加治屋もブルペン入りし、捕手を座らせて20球を投じ「前回よりも感じはいいし肩も問題ない」と納得の表情を見せた。