今年新成人の仲間入りとなった阪神・小幡竜平内野手(20)と川原陸投手(20)が14日、球団事務所で藤原崇起オーナー兼球団社長(68)から祝福の記念品を受け取った。

 今季高卒3年目を迎える2選手に対し、同社長からは「成人というのは1つの節目だと思いますけど、これからどういう自分になっていきたいのか、一生懸命考えてほしいと思う。どんなプロ野球選手になりたいのかをしっかりイメージして、この機会にもう一度よく考えて、日々取り組んでいってもらえたらと思います」と訓示が述べられた。

 球団公式インスタグラムのストーリーズでは小幡が「今年の目標はレギュラーを取ることです」と力を込めれば、川原も「目標は1軍で初勝利して飛躍の年にすることです」と気持ちを新たに、20歳の誓いを立てた。