◇セ・リーグ ヤクルト-阪神(2021年5月5日 神宮)

 絶好調・マルテの一打でこの日も阪神が先制した。

 両軍無得点で迎えた3回2死満塁でマルテは1ストライクから2球目、奥川の147キロを右翼前にはじき返し、2者が生還した。

 「みんながしぶとく繋いでくれたし、先制のチャンスだったからランナーを還すことに集中したよ。いい結果になったし、自分の仕事ができてよかったね」

 前日には決勝の7号ソロを放つなど、今季全試合に3番で出場しているM砲がこの日も躍動し、先手を取った。