プロ野球の第1次戦力外通告は14日までに10球団、計47選手が通告を受けた。この日、広島は今村猛投手(30)、中村恭平投手(32)、鈴木寛人投手(20)、行木俊投手(20)と育成の畝章真投手(26)、佐々木健投手(22)の6投手と来季の契約を結ばないことを通達した。行木は育成選手として再契約する方針。

 これまでに楽天の藤田一也内野手(39)、18年最多勝の西武・多和田真三郎投手(28)、13年ドラフト1位のオリックス・吉田一将投手(32)、DeNAの乙坂智外野手(27)、中日の武田健吾外野手(27)らが通告を受けている。

 第1次通告期間は4日から25日まで。第2次通告期間はクライマックスシリーズ(CS)全日程終了の翌日から原則として日本シリーズ終了の翌日(移動を伴うチームは翌々日)までで、育成選手への戦力外通告は4日から29日までとなっている。

 8日までに各球団から発表された戦力外選手は以下の通り。

 (球団の並びは昨季順位)

 ▽パ・リーグ

【西武】<育成選手>

    多和田真三郎投手(28)

    大窪 士夢投手 (21)

【楽天】藤田 一也内野手(39)

【日本ハム】<育成選手>

    海老原一佳外野手(26)

【オリックス】

    吉田 一将投手 (32)

    荒西 祐大投手 (29)

    飯田 優也投手 (30)

    榊原  翼投手 (23)

    鈴木  優投手 (24)

    神戸 文也投手 (27)

    <育成選手>

    稲富 宏樹捕手 (22)

    古長 拓内野手 (27)

 ▽セ・リーグ

【巨人】松井 義弥内野手(21)

    <育成選手>

    山川 和大投手 (26)

    平井 快青投手 (21)

    田中 優大投手 (22)

    加藤 壮太外野手(23)

    ◆自由契約通達選手◆

    <育成選手>

    谷岡 竜平投手 (25)

    与那原大剛投手 (23)

    黒田 響生内野手(21)

    山下 航汰外野手(20)

    堀田 賢慎投手 (20)

【阪神】荒木 郁也内野手(33)

    伊藤 和雄投手 (31)

    石井 将希投手 (26)

    <育成選手>

    鈴木 翔太投手 (26)

    藤谷 洸介内野手(25)

【中日】三ツ間卓也投手 (29)

    ランディ・ロサリオ投手(27)

    遠藤 一星外野手(32)

    井領 雅貴外野手(31)

    武田 健吾外野手(27)

    <育成選手>

    丸山 泰資投手 (26)

【DeNA】乙坂  智外野手(27)

    斎藤 俊介投手 (27)

    勝又 温史投手 (21)

    飯塚 悟史投手 (25)

    進藤 拓也投手 (29)

    武藤 祐太投手 (32)

    風張  蓮投手 (28)

    笠井 崇正投手 (27)

    中井 大介内野手(31)

    <育成選手>

    レニー・コルデロ投手(23)

【広島】今村  猛投手 (30)

    中村 恭平投手 (32)

    鈴木 寛人投手 (20)

    行木  俊投手 (20)

    <育成選手>

    畝  章真投手 (26)

    佐々木 健投手 (22)

【ヤクルト】

    歳内 宏明投手 (28)

    中尾  輝投手 (27)

    蔵本 治孝投手 (26)