女子プロレスラーの木村花(きむら・はな)さんが23日、亡くなったことが分かった。22歳だった。所属するプロレス団体「スターダム」が公式サイトで発表した。木村さんは19年から同団体に所属。「Netflix」で配信中の恋愛リアリティー番組「TERRACE HOUSE TOKYO 2019−2020」にも出演中だった。

 元同門で米プロレス団体「WWE」に所属するカイリ・セイン(31)は、自身のツイッターを更新し「花ちゃん。かけがえのない大切な仲間を失いました。心にぽっかりと穴があき、この現実を受け入れることが今は難しいです」と追悼した。

 木村さんの死因は明かされていないが、深夜にツイッターやインスタグラムを更新。削除されたと思われる書き込みもあるが、インスタグラムでは猫と写る写真に「愛している、楽しく長生きしてね。ごめんね。」とし、ストーリーズでは「さようなら。」と書かれている。カイリは「時差でアメリカは昼過ぎだったから(日本時間は夜中)彼女のツイートにすぐ気付くことができて、(紫雷)イオさんと一緒に直ちにジャングル叫女(きょうな)とロッシー小川さんに電話しました。きょうなは全力で向かいました。だけど…間に合いませんでした」とつづった。