2020年東京五輪のゴルフ会場となる霞ケ関カンツリー倶楽部は20日、臨時理事会を開き、女性を正会員として認めていない規則を変更することを決めた。

 日本ゴルフ協会は東京五輪・パラリンピック組織委員会、日本オリンピック委員会と連名で「会員の皆様には心から感謝を申し上げます」とし、国際ゴルフ連盟からも「霞ケ関カンツリー倶楽部の決定は大変喜ばしく、素晴らしいゴルフ競技が開かれることを心から望んでいる」とコメントが届いたことを発表した。

 霞ケ関CCは女性正会員を認めていないため五輪憲章に抵触するとして国際オリンピック委員会(IOC)が規則変更を求めていた。