NBAファイナルに出場したキャバリアーズのデビッド・グリフィンGM(47歳)がドラフト3日前となった19日に職務をすべて停止して退任することになった。ダン・ギルバート・オーナー(58歳)が今月30日で切れる契約を更新しない方針を通告し、双方合意の上でこの日に退任となったもの。キャバリアーズでのGM職は3シーズンで終わった。

 同GMはヒートにいたレブロン・ジェームズ(32歳)の古巣復帰や、ケビン・ラブ(28歳)をトレードで獲得するなど戦力補強面では大きな功績を残した。さらに昨季には東地区全体の首位にいたのにもかかわらずデビッド・ブラット監督(58歳)を解任するなど思い切った人事も敢行。15年シーズンでのファイナル初制覇に舞台裏で貢献した。

 しかし今季は2年前と同様にファイナルでウォリアーズに敗れて王座を逃し、去就が注目されていた。

 ギルバート・オーナーはプレーオフに入ってもグリフィンGMとの契約更新をするかどうかの結論を先送り。この間、同GMにはホークス、マジック、バックスから誘いの声がかかっていたが、キャバリアーズ側の対応が決まっていなかったために決断を下せず、すでにその3チームの後任人事はすべて決まってしまった。

 ギルバート・オーナーは2005年にチームを買収。GMはグリフィン氏で4人目となっていた。

 なおAP通信によれば、トレント・レッデン副社長も退団。ドラフトとオフの人事に関してはコービー・オルトマンGM補佐が担当する。