去就問題と脱税疑惑にゆれるRマドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)について、クラブ会長のフロレンティーノ・ペレス氏(70)が19日、退団を否定した。

 スペインメディアの取材に応じたペレス会長は「クリスティアーノがクラブを出て行くとは思っていない」とエースの去就問題を一蹴。脱税疑惑についても「まだクリスティアーノと話はできていないが、新聞を読んで(脱税疑惑について)知っている。彼は何があったのか、私たちに真実を話してくれると思う」とし、「彼は他の選手と同じようにRマドリードの一員」と擁護した。