◇パ・リーグ ロッテ―オリックス(2017年7月17日 ZOZOマリン)

 粋なサプライズプレゼントに、ロッテ・伊東監督の胸が熱くなった。後半戦スタートを控えた全体練習前のこと。チームを支えるスタッフ27人が「野球殿堂入り」を祝してつくった記念ミットが贈呈された。

 ゼット社製の現役時代に使用していた型で、銀色に輝く捕手ミット。現役時代の数々の功績が刻まれ、「2017年千葉ロッテマリーンズスタッフ一同」と記されている。前半戦は歴史的な低迷で借金30を抱えるが「うれしかった。裏方さんも一緒に戦っている。心が沈んでいたが、また頑張ろうと思えた」と笑顔が戻った。

 練習開始時には選手らを前に「一日一日悔いを残さないようにやっていこう」と訓示した。意地を見せる時間はまだ残っている。「グラウンドで結果を出すしかない。必死に戦っていく姿を見せること」と語気を強めた。