米大リーグ、マーリンズのイチローは16日(日本時間17日)、マイアミで行われたドジャース戦の5回に代打で出場し、1打数1安打1打点だった。イチローはこの安打で通算3055安打として歴代23位のリッキー・ヘンダーソンに並んだ。

 0―3の5回1死一、三塁の場面で先発投手オグレーディの代打として登場。二塁内野安打を放った。イチローが打点を記録するのは6月27日のメッツ戦以来。守備には就かなかった。マーリンズは2―3で敗れ3連敗。

 ▼イチローの話(2ボール1ストライクからの直球をストライクと判定され、直後に投手内野安打)2ボール1ストライクからの(球)はくそボール。だから最後の(カーブ)は振りたくないけど、振らなきゃしょうがなかった。