◇都市対抗野球大会第4日1回戦 NTT東日本7―5三菱重工神戸・高砂(2017年7月17日 東京D)

 NTT東日本が相手のミスにつけ込んで逆転、初戦を突破した。

 初回に2ランで先制されたNTTはその裏、喜納が右前に適時打。4回には加藤の二塁打などで好機を築き、上田の犠飛で追いついた。5回には先頭・福田周の三塁打から2死満塁とし、三ゴロを相手野手が二塁に悪送球して2者が還った。7回には越前が左中間にソロ、8回も宮内の適時打などで2点を加えた。

 NTTの先発ルーキー堀は初回こそ一発を浴びたが、2回以降は安定した投球。

 三菱重工神戸・高砂は9回、4安打を集中して3点を返したが及ばなかった。三菱の先発・守安は4失点したものの、堂々とした投球は見事だった。