グランシルクが先週、2000勝を達成したばかりの福永との再コンビで重賞初Vに挑む。

 近走は惜敗続きも、末脚は健在。戸田師は「脚質的に取りこぼすこともあるが、折り合いがつくようになってきている」と進境を感じ取っている。「状態も良さそうなので、祐一(福永)に頑張ってもらって何とかタイトルを獲りたい」と手腕に期待を寄せていた。