G2「サマーナイトフェスティバル」(優勝賞金1110万円、副賞含む)は新田祐大(31=福島・90期)がまくりで快勝。高松宮記念杯に続くビッグ連覇とともに初めて“夜王”に輝いた。

 驚きのスピードでねじ伏せた。6番手からまくった上がりは9秒1。自身が持つ伊東のバンクレコードに0秒1届かなかったが、準決で差された渡辺の追い上げを完封した。初めて「夜王」の称号を手に入れ、ビッグレース連覇を飾った。

 「宮杯優勝時は翌日から米遠征。Vの感覚は特になかった。明日(18日)はナショナルチームの練習が休み。優勝を味わえる時間がある」。つかの間の休息に表情がほころんだ。来月のG1オールスター(いわき平、8月11日〜15日)へ、最高の弾みがついた。「地元のG1でもワンツーを決めたい」

 快速は誰にも止められない。後半戦の主役の座は揺るぎそうにない。

 ◆新田 祐大(にった・ゆうだい)1986年(昭61)1月25日生まれの31歳。福島県会津若松市出身。県立白河高卒。05年7月プロデビュー。通算827戦280勝。通算取得賞金は7億3077万円。主な優勝は第68回日本選手権競輪(15年)、第58回オールスター(15年)、第67、68回高松宮記念杯(16、17年)。1メートル72、86キロ。血液型O。