◇パ・リーグ オリックス2―3ロッテ(2017年7月17日 ZOZOマリン)

 オリックスは1―1の9回に大城のプロ1号ソロで勝ち越したが、その裏に守護神・平野がつかまり、痛恨の逆転サヨナラ負け。

 「打たれた僕が悪い。何の言い訳もできない」と言葉を絞り出した。今季3度目のセーブ機会失敗で、今季5敗のうち、同カード3敗目。福良監督は「そこ(信頼)は変わらないです」と責めなかったが、前半戦からの連勝が4で止まり、痛い黒星となった。

 ▼オリックス・大城(9回1死で一時勝ち越しのプロ1号ソロ)うまく体が反応してくれた。(甲子園出場を決めた母校・興南の)ニュースを見て刺激になった。