◇パ・リーグ ロッテ―楽天(2017年8月5日 Kobo宮城)

 先頭弾の応酬だ。5日、七夕祭り前夜の花火大会が開催される仙台での一戦はド派手なスタートとなった。

 初回、ロッテは先頭の加藤が初球を右越え3号ソロ。「ホームランは本当にたまたまですけど、積極的に強い打球を打とうという意識がホームランにつながってくれた。自分でもびっくりです」と振り返ったが、楽天も黙っていなかった。

 直後に先頭の茂木が同点の左越え14号ソロを放ち「最近なかなかストレートを仕留められていなかったけど、この打席はしっかり仕留めることができた。出来過ぎですね」と今季5発目の先頭打者弾を振り返った。

 両チームともに先頭打者が本塁打を放ったのはプロ野球史上13度目で、09年6月20日のソフトバンク―横浜戦でソフトバンク・本多、横浜・吉村(現ソフトバンク)がマークして以来8年ぶりだった。