芝1800メートルで争われた小倉5R・新馬戦は控えた内目からしぶとく伸びたキボウノダイチ(牡=松元、父バゴ)が快勝。直線は先に抜け出したテイエムリボーと叩き合い、ハナ差の接戦を制した。

 高倉は、「もうちょっと前に行けるかと。あまりスタートが良くなかったので人気馬をナナメ前に見る位置に。道中は手応えもなかったんですが、馬が脚の使いどころを分かっている感じ。いい勝負根性してます。少し渋った柔らかい馬場も合ったんでしょう」と感心しきり。

 松元師は「センスのいい走り。能力は確か。距離もこれぐらいがいいね。右前がソエで少しゴトゴトしているので、秋に向けてもう一度立て直したい」と笑顔で話していた。