新潟6Rの2歳新馬戦(芝1400メートル)は、4番人気ニシノウララ(牝=伊藤大、父リーチザクラウン)が快勝。好位2番手追走から直線抜け出し、1番人気アーモンドアイの追い上げに2馬身のセーフティーリードを保って初陣を飾った。

 騎乗した野中は「ゲートも速かったし、逃げ馬の番手でうまく我慢してくれた。追い切りも動いていたし、センスの良さを生かせた」と笑顔。次走は未定だが、同騎手は「現状は芝の短いところでしょう」と評した。