J1浦和は6日、MF関根貴大(22)がドイツ2部インゴルシュタットへ完全移籍することでクラブ間合意したと発表した。関根は10日にドイツへ出発。現地でメディカルチェックを受けてから正式契約となる。

 埼玉県出身の関根は身長1メートル67、体重61キロ。ジュニアユース、ユースと浦和の育成部門で育ち、2014年にトップチーム昇格を果たした。今年7月1日の広島戦(埼玉)では6人抜きの50メートル独走ドリブルで決勝ゴールを決めるなど、これまでの3年半でJ1リーグ戦106試合に出場して13得点をマークしている。

 関根はクラブを通じ、コメントを発表。クラブから慰留されたことを明かした上で「今チームが大きな変革期を迎えているタイミングで移籍の決断をするのは本当に悩みましたが、家族、チームメイト、スタッフ、ファン・サポーター、パートナー企業のみなさまなど多くの方々に支えられプレーしてきた結果、それが認められ一人のサッカー選手として成長できるチャンスが来たのだと思い、新たなチャレンジをする決断をいたしました」と移籍の理由を語った。