単勝1・5倍の断然人気に支持されたエピカリスは3着。好位追走から直線に向いたが、前方に並んだ先行勢に阻まれ、なかなか追い出せず。上位2頭には及ばず、3着確保が精いっぱいだった。騎乗したルメールは「残念。馬の状態は良く、反応もしてくれたがスペースがなかった。また次ですね」と肩を落としていた。