浦和は低迷する中、攻撃の軸を失うことになる。もちろん慰留したが、最後は関根の意思を尊重した。

 山道強化本部長は「関根選手は海外志向があり、条件面を含めた(インゴルシュタットの)提示が容認する内容のものでした。育成の原点に立ち返った時、浦和で育った選手が海外に羽ばたくのは素晴らしいこと。これからの育成年代にも希望になります」と説明。また移籍金を育成部門の環境整備に充てるプランも明かした。