2着に12番人気のサルサディオーネが逃げ粘り、馬単25万円、3連単80万円超えの高配当をアシストした。他の逃げ候補を抑えてレースの主導権を握り、勝ち馬の末脚には屈したが、断然人気エピカリスの追い上げをしのいだ。吉田豊は「スタートが良かったし、砂をかぶらないようにとの指示で(ハナに)行かせた。最後は馬体が合う形なら、もう少し頑張れたはず」と、内外離れた直線の攻防を悔やんだ。