スローVTRでしか勝敗の行方を確認できない、際どい争いで2着に敗れた。道中、中団で折り合いに専念したサンマルティンは3コーナーすぎから動いて直線入り口で先頭へ。そのまま押し切るかと思いきや、ゴール寸前で内から伸びたタツゴウゲキに鼻差捉えられた。小倉初参戦で史上5人目の全10場重賞制覇を逃した戸崎は「状態は良かったし、ちょっと左に張るところはあったけど、しまいもしっかり伸びてくれました」とパートナーをねぎらうコメント。関東馬の小倉記念初勝利も持ち越しとなった。