今週の札幌メインはダート重賞「第22回エルムS」。古川に乗り代わって3連勝中と勢いに乗るテイエムジンソクが重賞初挑戦。前走・マリーンSは楽にハナを切ると、直線はほとんど追われることなく後続をグイグイと突き放し、あっという間に5馬身差。完全本格化を印象づけた。

 1週前、函館での追い切りに騎乗した古川は「変わらず順調。ソワソワしている馬だが気持ちが強くなって、少しずつ落ち着きが増している」とメンタル面の成長をアピールした。この3戦で2着馬につけた着差は合計13馬身。初重賞も制して、砂の新星となるか。