2年連続で中京記念5着だったダノンリバティも侮れない。昨年の当レースは首差2着に惜敗しており、リベンジVが懸かる。

 コンビ継続の松若は「前走は付いていけなかったけどリズム自体は良かったし、僕が乗った中では一番いい雰囲気で走ってくれました」と振り返る。新潟は芝&ダートを含め【2・3・0・0】と好相性。「新潟は一番合っている競馬場だと思うし、昨年のような競馬ができれば」と意気込んでいた。