ブラックムーンは中京記念で3着に敗れたが、上がり3F33秒9はメンバー最速。2走前の米子SでレコードVを決めた末脚は健在だった。

 「中間は間隔が詰まっているので軽めの調整だが、馬は元気いっぱい。いい意味で出来は平行線ですね」と橋本助手。新潟のマイル戦は一昨年に2勝目を挙げた舞台。直線の長いコースは持ち味の瞬発力をフルに生かせる。「ある程度前が流れるか、だんごの競馬が理想。うまく展開が向いてくれれば」と重賞初Vへ力を込めた。