◇第99回全国高校野球選手権大会第1日・1回戦 彦根東6―5波佐見(2017年8月8日 甲子園)

 開会式直後の第1試合で彦根東が劇的なサヨナラ勝利。波佐見を下して春夏通じて甲子園初勝利を飾った。

 1―2の3回に6番・吉本の3ランで2点をリード。しかし、終盤の7回に逆転を許し、4―5の1点ビハインドで9回を迎えた。ここで彦根東が驚異の粘り。2本の安打と犠打で1死一、三塁と好機を迎えると、2番・朝日の三ゴロの間に三塁走者が同点のホーム。完全に流れをつかむと、4番・岩本が代わった波佐見の2番手・村川竜が投じた初球のストレートを見事に捉え、サヨナラの右前打を放った。

 殊勲の一打を放った岩本はこの打席まで無安打。試合後には「中途半端な打撃で凡打を続けていたので、思い切りのいいスイングを心がけた」とコメント。「甘く入ってくる初球を待っていた。狙ってライトへ打った」と白い歯を見せていた。