総合格闘技イベント「RIZIN FIGHTING WORLD GP 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 1stラウンド―秋の陣―」(10月15日、マリンメッセ福岡)の一部対戦カードが8日に発表され、シュートボクシング世界女子フライ級王者のRENA(26=シーザージム)がトーナメントの初戦で米国の総合格闘技イベント「キング・オブ・ザ・ケイジ(KOTC)」のアトム級王者、アンディ・ウィン(35=米国)と対戦することが決まった。

 ムエタイがバックボーンのウィンは、昨年大みそかのRIZINで山本美憂に腕十字固めで一本勝ちしている実力者。会見に出席したRENAは「強い相手と闘えることをうれしく思う。でも、もっと強い選手と闘いたいので、この試合はきっちりKO、一本勝ちして、上を目指したい。負ける気は一切ない」と完全勝利を誓った。

 今回の女子トーナメントには8人が参加し、26日の「DEEP JEWELS」で行われる朝倉カンナ―石岡沙織の勝者に加え、山本美憂の参戦も決まっている。ウィンを含め残りの5人は海外の選手となる。賞金総額1000万円で、優勝賞金は700万円。この階級では史上最大規模のトーナメントとなる