◇セ・リーグ 広島1―1中日(2017年8月8日 ナゴヤドーム)

 広島の先発・野村が7回8安打1失点。2回に先制点を許すなど序盤は苦しんだが、「投球自体は悪くなかった。立ち上がりの球数が抑えられていれば、もう少し長く投げられたかな」と追加点を許さなかった。

 8回からは中崎、今村、中田、一岡とつなぎ、12回はジャクソンが3者連続空振り三振。終わってみれば、計6投手のリレーで16三振を奪った。緒方監督も「(野村)祐輔の後の投手陣が本当によく頑張ってくれた」と称えた。