5日、小倉競馬場5Rで行われた「メイクデビュー小倉」(芝1200メートル)は、武豊騎手騎乗のバーニングペスカ(牡2=松永昌厩舎、父パイロ、母メイショウガンツ)が逃げ切って、デビュー戦を勝利で飾った。

 ダッシュ良く逃げの手に出たバーニングペスカ。直線手前では後続を突き放し、最後は詰め寄られたが接戦をものにした。首差の2着にラブカンプー、さらに3馬身半差の3着にはカフジバンガードが入った。勝ちタイムは1分08秒7(良)。

 父はパイロ、母はメイショウガンツという血統。今年の2歳戦初勝利となった鞍上の武豊は「新馬向きでしたね。スタートが速かったし、スピードを生かせました」と納得の表情。松永昌師は「しまいはヒヤヒヤしたけど勝ち時計は上等。もうちょっと成長してくれたら」と期待した。次走は小倉2歳S(9月3日)を予定。

 次走注目は2着・ラブカンプー。セーフティリードと思われた勝ち馬にあと一歩まで迫った。3着以下は大きく離しており、次走はV候補。