セ、パ両リーグが制定する「スカパー!サヨナラ賞」(協賛・スカパーJSAT株式会社)の7月度の受賞選手が発表され、セはヤクルト・大松尚逸内野手(35)、パは楽天のジャフェット・アマダー内野手(30)がそれぞれ初受賞した。

 大松は7月26日の中日戦の延長10回、1死から右中間へ代打サヨナラ本塁打を放った。これが史上4人目となるシーズン2本目の代打サヨナラ本塁打。チームは0―10から逆転勝利を収め、10点差逆転勝利はセでは66年ぶりのプロ野球タイ記録となった。

 アマダーは7月23日のオリックス戦の9回、右中間にサヨナラ本塁打。アマダーのサヨナラ打は来日2年目で初だった。