左肘頭(ちゅうとう)骨折からの復帰を目指す西武・森友哉捕手(22)が9日、イースタン・日本ハム戦で今季初アーチを放った。

 前日の同戦で約5カ月ぶりに実戦復帰。この日は3回に代打で登場すると、5回2死の第2打席で左翼へソロ本塁打を放った。また、捕手として守備にも就いた。

 試合には打撃不振のため出場選手登録を抹消されたメヒアも「3番・DH」で出場し、2回の1号ソロを含む2安打1打点。試合は西武が10―1で勝った。