◇パ・リーグ ソフトバンク―ロッテ(2017年8月9日 ZOZOマリン)

 ソフトバンク・松田の17号ソロが均衡を破った。0―0の3回2死、好投していたロッテの先発・スタンリッジの初球128キロのカーブをバットですくい上げ、左翼席に放り込んだ。

 「甘く入ってきた球を、1球で捉えられました。自分らしい良いスイングが出来ました」

 松田の一発に刺激されたのか、打線が活性化。柳田が遊撃後方のポテンヒットで二塁まで進むと、デスパイネの右中間二塁打で2点目。さらに中村晃の右前打でデスパイネが本塁への突入に成功。ソフトバンクが4連打で3点を先制した。

 前日の同カードは、両軍合わせて25得点と激しい打撃戦の末、ロッテが17―8で先勝している。