◇陸上・世界選手権第5日(2017年8月8日 英ロンドン)

 リオ五輪の男子棒高跳びで3位だった米国のケンドリクスが3回目に5メートル95をクリアしてメジャー大会初優勝。自己記録の6メートルには届かなかったが、他の選手よりも短いポールを駆使して確実に記録を伸ばした。

 今年の3月に陸軍の少尉から中尉に昇進した公務員ジャンパー。「兵士である以上、いつでも部隊に戻る準備はできている」と五輪でも世界選手権でも“有事”を想定しながらの競技となったが、ケンドリクスは限られた時間の中で見事に世界の頂点に上りつめた。