◇セ・リーグ ヤクルト2―7DeNA(2017年8月9日 神宮)

 ヤクルトのドラフト3位右腕・梅野は課題と収穫のデビュー戦となった。プロ初登板初先発で3回を投げ、3安打5失点KO。6四球と制球に苦しんだ。

 九州産出身の高卒1年目。課題は「投げる体力がまだまだでした」と明確だった。3回途中に球数が50球を越え、制球が乱れた。伊藤投手コーチも「最後はバテバテだった」と指摘した。

 一方で最速154キロを誇る直球は将来性を感じさせた。梅野は「1軍の選手は甘いボールを簡単に仕留めてくる」とプロのレベルを肌で体感。10日に出場選手登録を抹消されるが、真中監督も「楽しみな投手という印象」と今後に期待した。