◇ナ・リーグ マーリンズ7―3ナショナルズ(2017年8月8日 ワシントン)

 8試合ぶりに先発したマーリンズのイチローは4打数無安打に終わったが、左翼の守備で見せた。4点リードの7回1死一塁、主砲ジマーマンの左翼線へのライナーを滑り込んで好捕。一塁走者が飛び出し、併殺を奪った。

 「ジマーマンはライン際(の打球)がドライブしてくるのは分かっていますから」と涼しい顔。ドン・マッティングリー監督から「素晴らしいプレー」と絶賛されたが「僕にとっては普通のプレーだから。100回あれ打ってきたら100回捕ってあげますよ」と笑った。 (笹田幸嗣通信員)