イースタン、ウエスタン両リーグは10日、7月の「スカパー!ファーム月間MVP賞」をヤクルト・田川賢吾投手(23)、広島・高橋大樹外野手(23)が受賞したと発表した。

 育成選手の田川は、7月は5試合に登板して3勝0敗、防御率1・74。先発、中継ぎでともに白星を挙げた。12年ドラフト1位で龍谷大平安から入団の高橋大は、15試合で48打数23安打の打率・479、10打点。8二塁打と長打力も発揮し、出塁率・545もリーグトップだった。受賞者には記念品と賞金5万円が贈られる。