2軍調整中の阪神・藤浪晋太郎投手(23)が10日、ウエスタンリーグ・広島戦に先発し、5回4安打1失点と力投を見せた。

 2回に岩本に右翼席へ先制ソロを被弾したもの、以降は追加点は与えず。2四球を献上したものの、要所を締める投球で、直球の最速も156キロを計測し、復調を印象付けた。今登板が最終テストと位置づけられていただけに、1軍昇格へ、大きく前進した形だ。