◇セ・リーグ DeNA6―1ヤクルト(2017年8月10日 神宮)

 DeNAの今永が7回4安打1失点の好投で、ルーキーイヤーの昨季挙げた8勝を上回る今季9勝目(5敗)をマークした。

 ヤクルトの先発・星も7回2安打1失点と好投。1―1で進んだ投手戦はDeNAが8、9回の終盤にリリーフ投手陣から計5点を奪って勝利を収めただけに「星くんが本当にすごく気持ちのこもった投球をしていたので、僕もつられてこういう投球になったと思います」と淡々と振り返った今永。1―1でマウンドを降りた直後に敵失もあって味方打線が2点をもぎ取る形となったが、「僕は常に味方を信じているので、同点で代わった場面でも絶対に点を取ってくれると思いながらすごく安心して見ていました」とチームメートへの信頼を口にした。

 これで自身初となる2桁勝利に王手をかける9勝目。だが、「昨年を超えられたのは少しホッとしている部分もあるが、そこが目標ではないんで」とキッパリ。「僕自身もチームも昨年を超えていけると思うんで、頑張ります」とファンに向けて宣言していた。