◇パ・リーグ ロッテ5―6ソフトバンク(2017年8月10日 ZOZOマリン)

 ロッテは追い上げも及ばず、2連敗を喫した。

 先発の唐川が初回、先頭の明石にストレートの四球を与えると、1死一、二塁から柳田に特大の3ランを浴びた。2―3と1点差に迫った直後の4回にも3失点。5回6失点で今期10敗目を喫した右腕は「立ち上がりの失点。味方が追い上げてくれた直後の失点。両方とも先頭打者を出して踏ん張ることができなかったのが反省。ゲームをつくる事ができなかった」と肩を落とした右腕に、伊東監督も「ヨーイドンで先に3点を取られたら…」と厳しい表情を浮かべた。

 2戦連続で1点差での敗戦となったが「10点か20点くらいに感じる」と指揮官。「(抑えの)サファテが出てきたらまず打てない。その前に追いついておきたかったが…」と振り返った。