◇パ・リーグ 楽天4―3日本ハム(2017年8月10日 Koboパーク)

 楽天が延長戦をサヨナラで制し2連勝。この日、2位のソフトバンクも勝ったため、「マイナス1ゲーム差」のまま、首位をキープした。

 3―3の同点で迎えた延11回。1死からオコエが左翼線へ二塁打を放ち、続く茂木が四球を選んで1死一、二塁のチャンスを作ると、2番・銀次が日本ハム・石川直の真っ直ぐを捉え、この日3安打目となる中堅への適時二塁打。二塁ランナーのオコエがホームに生還し、サヨナラ勝ちに導いた。白星は11回表に登板した森原に付き、今季2勝目となった。

 日本ハムは初回に大田の適時打で生成するも、2回に松井稼に今季第2号となる同点ソロを浴び、3回にはレアードが第26号ソロで勝ち越すも、その裏にウィーラーに同点適時打を打たれ再び同点。7回には4番・大谷が勝ち越し適時打を放ったが、投手陣が踏ん張り切れず、その裏にすぐさま銀次の適時打が飛び出し、三度同点に追いつかれた。チームはこれで4連敗、2001年以来の借金31となってしまった。