浦和からドイツ2部インゴルシュタットに移籍するMF関根貴大(22)が10日、ドイツに出発した。羽田空港に姿を見せたのは航空機の出発予定の55分前。「高速に乗ったら(渋滞で)少しも動かず飛行機に乗れるのかな?と」と冷や汗もの。それでも空港では号泣する女性サポーターや友人ら100人超に見送られ、決意を新たにした。

 「自信があるから挑戦するのだと思う。チームカラーも同じ(赤)。浦和の誇りを持ってドリブル、ゴールに向かう姿勢を見せたい」。全体練習には12日から合流し、13日にはドイツ杯1860ミュンヘン戦を観戦。3―5―2の右MFで期待されており、20日のレーゲンスブルク戦でデビューを目指す。