Jリーグは、都内で臨時社員総会を開き理事会規程を改定した。チェアマンの任期を4期8年までとし、他の理事の任期は撤廃。現行ではチェアマンを含む常勤理事の任期は最長で10年、理事の任期は8年だった。

 来年3月の役員改選で村井チェアマンは現職以前を含めて理事を9年8カ月、原副理事長は7年8カ月を迎える。現規程では現職以前に理事を務めた期間の扱いが不明朗で、2人が再任される場合は抵触の可能性があった。