日曜新潟5R新馬戦(芝1600メートル)はフルゲート18頭の大混戦。美浦の名門・国枝厩舎が送り込むディープインパクト産駒ククルカン(牡)は、ひと足早く先週に新潟入りして現地で調整中。佐藤助手は「性格が前向きで、調教の動きにも活気があふれている。ちょっと張り切り過ぎるところもあるが、初戦向き」と期待する。全兄カナロアは全4勝中3勝が新潟、東京と左回りでマーク。弟も新潟の長い直線で初陣Vを狙う。