今年のダービーを制したレイデオロの全弟で、先月30日の札幌新馬戦でデビュー戦Vを飾ったレイエンダ(牡=藤沢和)が、両前脚を骨折していることが分かった。

 所有するキャロットクラブのHPによると、両前脚に関節液の増大が見られ、X線検査を行ったところ右前副手根骨の骨折と、左膝にも小さな骨片が確認された。近日中に骨片摘出と骨膜のクリーニング手術を行う予定。

 管理する藤沢和師は「レース後も元気そうだったが…。残念だが仕方ない。あくまで目標は来春なので、焦らずゆっくり馬任せでやっていきたい」と話した。