NBAグリズリーズから今オフにキングスに移籍した主力フォワードのザック・ランドルフ(36歳)が9日、ロサンゼルス市内で「販売目的のマリフアナを所持していた」として逮捕されていたことが明らかになった。現場は市内でも治安が悪いことで有名なワッツ地区。ランドルフが逮捕されると周囲にいた住民や野次馬が5台のパトカーの窓を割るなど暴徒化し、一時騒然となった。

 警察当局は早い段階から路上で大音量の音楽を流しながらマリフアナを吸引したり、酒を飲んでいた複数の住民を監視。その中の3人に任意同行を求めたがその1人がランドルフだった。しかしスキを見てランドルフらは民家の中に逃げ込み、警察は多くの住民が捜査を妨害する中で逮捕に踏み切った。この中の1人だった前科のある43歳の男性は銃の不法所持で逮捕。AP通信によればランドルフの代理人は「ミスリードされた不法逮捕。問題解決のためにすべての方策を模索する」と無実を訴えている。

 ランドルフは昨季、グリズリーズで平均14・1得点、8・2リバウンドをマーク。オフにキングスと2年、2400万ドル(約26億円)で契約を交わしていた。NBAでは過去16シーズンで1057試合に出場して16・8得点、9・3リバウンド。17季目となる今季はキングスのキープレーヤーとして期待されている。