阪神は11日のDeNA戦前に、前日10日の巨人戦で阿部の打球を右足に受けて負傷交代したランディ・メッセンジャー投手(35)の診断結果を、右足腓骨の骨折と発表した。

 10日に都内の病院で検査を受け、判明した。全治などは非公表。メッセンジャーはこの日のうちに出場選手登録を抹消される予定。今後の予定は未定。代わってメンデスが1軍に昇格する見込みだ。

 今季中の復帰の可能性について問われた金本監督は「厳しいかも分からんね」と険しい表情。その上で「(メッセが抜けた穴は)周りがしっかり、自覚を持ってやってほしい」とハッパをかけた。香田投手コーチも「しばらく、かかるかもしれない。メッセの代役というのは難しいけど、みんなでカバーするしかない」とチーム一丸を呼びかけた。