プロ野球のファームは11日、イースタン、ウエスタン両リーグが各地で行われた。

 西武では左肘頭(ちゅうとう)骨折からの復帰を目指す森が、楽天戦(石巻)で2試合連続本塁打。初回に戸村から先制2ランを放った。試合は楽天が5回、フェルナンドの3号満塁、育成1年目・向谷の公式戦1号2ランなどで8点を奪って逆転。10―5で勝った。

 日本ハム―巨人戦(紋別)は延長11回、2―2で引き分け。日本ハムは先発・高梨が9回5安打2失点で11奪三振だった。

 DeNA―ロッテ戦(横浜)はロッテが6―4で勝利。先発・関谷が6回5安打3失点(自責1)で3勝目(4敗)。パラデスが4回に5号2ランを放った。DeNAはドラフト4位・京山が6回5安打、8四球を出す乱調で6失点(自責5)で4敗目(3勝)を喫した。

 オリックス―中日戦(舞洲サブ)は延長10回、3―3で引き分け。ともにルーキーが先発し、オリックスのドラフト4位右腕・山本は6回1安打無失点。中日のドラフト6位・丸山は6回1/3を5安打2失点だった。