6日、新潟競馬場6Rで行われた「メイクデビュー新潟」(芝1400メートル)は、野中悠太郎騎手騎乗のニシノウララ(牝2=伊藤大厩舎、父リーチザクラウン、母パラディナ)が先行策から完勝した。

 好スタートを決めたニシノウララ。はやる気持ちを抑えるように2番手につけると、直線手前では早々と先頭に。直線ではスピード能力の違いで後続との差を広げた。2馬身差の2着にアーモンドアイ、さらに4馬身差の3着にはゴールドシャッツが入った。勝ちタイムは1分23秒7(良)。

 父はリーチザクラウン、母はパラディナという血統。鞍上の野中は「ゲートも速かったし、逃げ馬の番手で我慢してくれた。追い切りも動いていたし、センスの良さを生かせた」と評価。「芝の短いところ向き」と分析した。

 次走注目はG1馬・フサイチパンドラの娘、2着のアーモンドアイ。圧倒的1番人気に推されたが後方からの競馬に。直線では1頭違う末脚を披露したが、先に抜け出した勝ち馬には届かなかった。