◇パ・リーグ ロッテ5−3西武(2017年8月11日 ZOZOマリン)

 ついに最下位脱出への光明が見えた。同点の7回1死一塁の場面。ペーニャが右中間へ勝ち越しの適時二塁打を放った。伊東監督は試合後、「苦しんでいた人たちが打ってくれた。中心打者が打てば勝てる」と称えた。

 ペーニャは10日のソフトバンク戦(ZOZOマリン)で6回に代打で左前適時打を放っており、伊東監督が「前日にいいところで打っているから」と、6日の楽天戦(koboパーク宮城)以来となる「4番・DH」に起用。指揮官の采配がズバリ的中した形だ。初回に先発の酒居が浅村に先制2ランを浴びたが、5回に角中が右越え2号2ランで同点とするなど、打線はコツコツと得点を重ねた。

 この日の勝利で5位・日本ハムに1ゲーム差まで接近した。5月3日に転落して以来の最下位脱出が見えてきた。伊東監督は「明日の試合が大事になる」と引き締めた。