◇陸上世界選手権第7日 男子200メートル決勝(2017年8月10日 英ロンドン・ロンドン競技場)

 日本陸連の伊東浩司強化委員長はサニブラウンについて、「脚に痛みがある。現時点では使わない」と述べ、中1日で迎える400メートルリレーに起用しない方針を示した。オランダで指導するレイダー・コーチとも話し合ったといい、「無理をさせたくないのが双方の考え。大切な選手なので」と説明。また、苅部俊二短距離コーチも「我々の方針は固まっている。彼の将来を考えることが一番」と語り、大事を取る考えを示した。

 決勝限定アンカー、もしくは1走での起用は消滅。走順は多田―飯塚―桐生―ケンブリッジ、多田―藤光―桐生―飯塚などが考えられる。400メートルリレーは12日に行われ、予選は午前10時55分(日本時間午後6時55分)、決勝は午後9時50分(同13日午前5時50分)にスタートする。